アナと雪の女王と自己確立と ③

アナと雪の女王考察(私見です)の続きです。

エルサ女王は一人でいることを選びました。 自分自身で自分の行く道を選択しました。 が、それは自己確立できたのでしょうか。 ちょっぴり、違うような気がします。

「真に頼れる自分自身」とは、一人で何でもできることではないと思います。 いや、何でもできるに越したことないですけどね。 どんなに一人で出来るといっても、限界は必ずありますし、あらゆる人や物に繋がりがありますから「独りよがり」ではいけません。 また、「ありのままで生きる」とは、「眼横鼻縦」ではないかな~と思います。 現状を受け入れるのです。  エルサ女王はアナ王女と一緒に城に戻り、国民に弁明し、アナ王女や国民と未来を探りながらでも共に生きる道もあったはずです。 女王として、魔法を使える者として、人々を傷つけた者として、今の自分の立場をそのまま受け入れた上で、皆と共により良く生きる道を探ることもできたはずです。 その場その場ですべてを受け入れた上で、自主的に主体的に生きることが「自己確立」ではないかな~と思います。

さて、自分の力に怯えて、「落ち着くのよ!」と自分に言い聞かせながらも、どうしようもなくなっていたエルサ女王ですが、アナ王女の自己犠牲によって、その力をコントロールする方法に気付きます。 それはひょっとしたら、氷の城で長年修行したとしても、気付かなかったかもしれません。

もう少しだけ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>