妖怪ウォッチ ①

「妖怪ウォッチ」、子供たちに大人気ですね。 町の人々の悩みや問題を、妖怪の仕業として表現していて、その問題を解決するのに、妖怪を説得します。 退治ではなく、説得です。 あまり善悪をはっきり際立たせていなくて、どの妖怪も愛らしく描かれているんですよね。 相対的というか、妖怪はなにも悪いことをしようとしているのではなく、単にその性質によって人間に影響を与えているだけなのです。 コメディだけど、なんだか深みを感じます。

すべてを妖怪の仕業と思えば、けっこう気が楽です。 朝早く起きられないのは妖怪のせいなのです。 他人の言動に腹を立てるのは妖怪のせいなのです。 すべては自分のせいではなく巡り合わせが悪いせいなのです。 「妖怪のせいだから、気にしない」のです。 このような考え方って、自分を追い詰めないようにしたり、精神的に疲れていたり悩んでいたりといったときの、心のケアといったものになりうるのかなと思います。

ちょっぴり続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>