修練日誌 6/16

本日は六月度昇級考試後の修練でした。 全員合格出来たので、ちょっぴり自信を持って、気合いの入った修練ができたようです。

ウォーミングアップ: 真向法、八拍子受け

基本修練: 単撃訓練、運歩法、前受身、天地拳第一系、竜王拳第一系

相対修練: 上受突(表)、突天三、押抜、押切抜

修練体験に来ていた姉弟が、本日より正式にスポ少支部の方へ入会致しました。 仲間が増えて嬉しく思いますと同時に、責任も感じるところです。 しっかり導いていけるよう充実した修練をしていきたいと思います。 そこで本日は修練に先だって、結手構と合掌礼、立ち方座り方を全員で確認しました。 結手構も合掌礼も構えの一つであり、護身の技術ですし、立ち方や座り方から修行は始まります。 一つ一つを大切にしていきます。

先日の日曜には昇級考試の後に中学生の都城市・北諸県郡地区予選も行いました。 少年部は見学でしたが、中学生の気迫溢れる演武を観て感じるものがあれば、自らの次へ繋がることと思います。 しかしながら中学生の彼らも、今では力強くスピード感と気迫のある技ができますが、数年前は今の少年部と同じであり、一つ一つの積み重ねでここまでできるようになったということを話しました。

全ては自業自得です。 善きことも悪しきことも、善因善果、悪因悪果で、自分の行いが全てです。 と、言うと何やらプレッシャーを与えるようですが、どのようなことも行うのは自分で、選ぶのも自分で、そのことを受け入れることが大切ですね。 疲れていたらやめてもいいのです。 しかし、それを誰かのせいにするのではなく、自分自身で選んでいるということをしっかり分かってほしいと思います。 また、なにかに秀でている人や活躍している人などは、単に目の前にあることを、懸命にひたすら努めていた結果そうなっているということも話ました。 今を自ら選んで、ただ一所懸命でいることですね。 今日は今日のため、今は今のためにです。

次回も、今をただひたすらに自己確立の修練に努めてまいります。  合掌

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>