修練日誌 6/9

本日も気持ち良く修練出来ました。

ウォーミングアップ: 四股スクワット、連続ミット蹴り

基本修練: 単撃訓練、天地拳第一系、竜王拳第一系

相対修練: 内受突、上受突、下受蹴、下受順蹴、押切抜、二段抜、その他

本日もウォーミングアップからスタート。 久しぶりの四股スクワットで下半身と体幹をいじめました。 連続で交互にミットも蹴りました。 全身全霊で魂から気合いを出すように行います。 蹴られることに怖がって全力で蹴ることができなかったり、遠慮していたりで、なかなか上手に蹴ることができませんが、少しずつ改善していきたいと思います。 修練で全力でやるべき時にできない、やらないのならば、やるべき時に出来るはずはありません。 これは少林寺拳法のことではなく、日常での大事な局面でのことです。 「道場は楽屋」なのです。 修練で身体を鍛えますが、心をこそ鍛えていきます。

近隣道院のK拳士の話をしました。 K拳士は身体に不自由な部分があり、手足を自由に動かすことができません。 しかし、単独演武では迫力ある気迫で行います。 まだ級拳士ですが、四段の正拳士に勝とも劣らない気合いを出し、みなぎる気勢があふれています。 私はK拳士の演武が大好きで敬意を持っています。 動かせない手足を、声で気持ちで気迫で動かそうとしているかのようで、魂で演武をしているように思います。 聞くところによると、やはり、誰よりも汗をかいて修練しているそうです。 人以上に修練をし、心の底から、魂で技を演武を行う姿勢に見習いたいと思います。

次回も、魂の震える拳禅一如の修練を心がけてまいります。  合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>