修練日誌 7/28

今日も暑い一日でしたが、熱中症に気をつけながら懸命に修練しました。

ウォーミングアップ: 馬跳び股くぐり、股くぐりリレー、屈伸蹴り

基本修練: 振子突き蹴り、移動稽古

相対修練: 打上蹴り、外受蹴り、演武修練 他

屈伸蹴り、鹿児島大学少林寺拳法部では「ポンプ」といって行っていました。 あたかもポンプを押すと水がでるように、しゃがむと同時に蹴りながら立ち上がります。 膝を抱えた状態を維持しながら行うことが大切です。 これで蹴りを行う際の形と力の使い方を学びます。  基本修練では移動稽古を行いましたが、より遠くへ速く行うことが大切です。 本日も元気にしっかり行うことができました。 しかし、さらなる上を目指してほしいと思います。

相対修練では本日も、構え・間合・八方目に注意して行いました。 これらは日常においても大切なものです。  「構え」は心構えであり、より良い姿勢で物事を行うことです。 人に接するときには、その人の持つ雰囲気によっても影響されていきます。 常に平常心で穏やかな心で以って自然体で接したいものです。  「間合」も、人や場や時に応じて適切な間や距離があると思いますが、見極めて接し行いたいですね。 適度な距離である「基本間合」を中心に「近間」「遠間」も使い分けることができたらな、と思います。  「八方目」で全体を観ることを意識して修練を行いますが、日常においても全体を観ることができるように立居振舞のなかから八方目を心がけたいと思います。

次回も日常のための修練を心がけていきます。  合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>